社会福祉法人 萱垣会|特別養護老人ホーム|養護老人ホーム|養護盲老人ホーム|在宅介護支援センター|居宅介護支援事業|デイサービスセンター|長野県飯田市

 

スタッフブログ

 

こどもたちのつぶやき

こどもたちのつぶやき
フォーム
 
たのしい給食
2018-05-08
今日のお昼はなんと「アンパンマンハンバーグ」\(◎o◎)/!
給食先生がひとつひとつ手作りでアンパンマンの顔を作ってくれます。
こどもたちはアンパンマンのハンバーグと想像しただけでワクワクです。
給食室でひとりずつアンパンマンハンバーグがのったお皿を給食先生から受け取り
やさしく、大事にそっとお皿を持って外ろうかを歩いてお部屋に戻ります。
前を向いたり、足元を確認したり大事に大事に運びます。
苦手なトマトもアンパンマンのお鼻になっていればがんばれる!
いつもは残しちゃう干しブドウもアンパンマンの目なら食べちゃうぞ!
ちょっとした工夫でも子どもたちの食べる気持ちにつながるのですね。
「おいしかったー」と子どもたちの声に給食先生も嬉しそうでした。
 
ステキな歌声
2018-04-25
年少ちゅうりっぷさんが歌うちゅうりっぷの歌がお部屋から聞こえてきました。
かわいい歌声に誘われてカメラを持ってお部屋に行ってみましたよ。
♪咲いた~咲いた~ちゅうりっぷの花が♪
お帰りの支度ができたお友達から順々に歌に加わります。
花壇に咲いているちゅうりっぷのように体をゆらゆら揺らし
手でお花のカップを作って歌っているお友達もいました。
もう一曲は「いちご」という歌を歌ってくれました。
折り紙でおったいちごを思い浮かべながら歌ったのかな?
いっしょうけんめいに、いい歌を聞かせてくれようとがんばっている
姿に元気をもらいました!(#^^#)ありがとう、また聞かせてね。
 
年少さんのお昼寝
2018-04-18
今年度のお昼寝が始まって2日目です。年長さんのお兄さん、お姉さんは
まだ慣れない環境で不安なままお昼寝をする年少さんに寄り添い、添い寝をしてくれてます。
その様子を先生から聞きました。
両隣に年少さんを眠らせている年長の男の子Aくん。
自分も大あくびをしながら、それでも両隣の年少さんの背中をトントンしてくれます。
ずっとのトントンで両腕が疲れてもやめません。おとなりの年少さんが静かになりました。
しずーかにお布団をめくり顔をのぞきます。「はぁ~眠った・・」
そしてそっと手をお布団の中に入れてあげます。
「やれやれ・・┐(´д`)┌」と心の声が聞こえてきそうです(#^^#)
年長さんになった責任感と、小さい子のお世話をしてあげたいという優しい気持ち
ほんとほほえましい光景ですね。小さいパパ、ママがんばれ!
 
祭りだ祭りだ!!
2018-04-16
ぴ~ひゃらら、ぴ~ひゃらら。
たんぽぽ組のお友達がおうちでお父さんとお獅子を作ってきてくれました。
春祭りの季節ですね。あかり保育園の子どもたちはお祭りが大好きです。
園長先生が祭りばやしのCDを流してくれました。
そうするとぞろぞろ思い思いの鳴り物を手に子どもたちが集まります。
タンバリンや鈴、中には鍋やタライの底をシャベルでたたいている
子もいます。とっても賑やかで本当のお祭りのようでした。
祭りばやしを聞いているとワクワクしてきますよね。
お獅子を作ってきてくれたお友達ありがとう。おかげで賑やかに
即席「あかり祭り」ができました。
 
 
できた!!
2018-04-16
新しいお友達が入り10日ほど経ちました。少しずつ園での生活も慣れてきて
給食を楽しみにしたり、お水遊びを夢中で楽しんでいる様子があります。
朝、年長さんの女の子が「鉄棒ができたから見に来て!!」と職員室に来ました。
さっそくカメラを持って見に行くと次から次へと前回りを見せてくれました。
ちょっとだけ先生の手を借りてできていた子供も、あっという間にひとりで
できるようになりびっくりです。できなかったことができるようになる喜びがあふれます。
毎日毎日できることが増えていく子どもたち、キラキラ輝いています。
社会福祉法人 萱垣会
〒395-0805
長野県飯田市鼎一色551番地
TEL:0265-22-1368
FAX:0265-22-1006

---------------------------------
特別養護老人ホーム、
養護老人ホーム
養護盲老人ホーム
在宅介護支援センター
居宅介護支援事業
デイサービスセンター、
ホームヘルプ
グループホーム
保育園
---------------------------------
<<社会福祉法人 萱垣会 >> 〒395-0805 長野県飯田市鼎一色551番地 TEL:0265-22-1368 FAX:0265-22-1006