社会福祉法人 萱垣会|特別養護老人ホーム|養護老人ホーム|養護盲老人ホーム|在宅介護支援センター|居宅介護支援事業|デイサービスセンター|長野県飯田市

 

スタッフブログ

 

こどもたちのつぶやき

こどもたちのつぶやき
フォーム
 
疑問に思うこと、調べること
2017-05-31
朝、すみれぐみの男の子と一緒に給食先生がお昼を作っている姿をのぞいていました。
すると給食先生はりんごの皮をむいていました。「あれ?今日の給食にりんごなんて出たっけ?」
メニュー表を見てもりんごは書いてありません。
「あのりんごどうするんだろう・・・?」私もわからなくて答えてあげることができませんでした。
「今は忙しそうだから、あとで給食先生に聞いてみようね」と言ったまま私はすっかり忘れていました。
しばらくして給食が出来上がりホッとしている給食先生が給食室から出てきました。
すると男の子はその姿をすぐ見つけて「あのりんごは何に入っているんですか?」と聞いてくれました。食材や調理方法に興味を持ってくれたこと、忘れず聞いてくれたことがとってもうれしかったです。
給食先生は「さかなのばーべきゅうふうのソースにすりおろして入っているんだよ」と
教えてくれました。きっと今日は一味違う「さかなのばーべきゅうふう」だったでしょうね。
 
 
田植えのその後
2017-05-30
気持ちいい風に吹かれ、子供たちの泥んこ服がゆらゆらしています。午前中田植えを一生懸命がんばった
ひまわりさんは、先生にお洗濯してもらった自分の泥んこ服を自分で干しました。
泥んこ服もなんだかうれしそうです。通りがかりの方もほほえましい光景に、思わずにっこり。
ひまわりさんがお昼寝から目覚めるころには乾いているかな・・?
 
お留守番ぐみのちゅーりっぷさん、すみれさんはめずらしく出てきた「すのこ」で電車ごっこ。
あっという間に満員電車です。おいしそうなお料理も乗って食堂車かな?
「園長先生も乗ってくださーい。運転手さん、出発してくださーい。」
 
 
やったー!初収穫
2017-05-30
たんぽぽさんの畑のきゅうりが1本おいしそうに実りました。
少し前から「もうそろそろかな・・」と楽しみにしていたこどもたち。いよいよ収穫です。
先生がみんなで食べれるように切り分けてくれます。みんなは固唾をのんで見守ります。
「きゅうりさん、ありがとう」「おいしそう~」いろいろなつぶやきが聞こえます。
パクっとひとくち・・
「おいしーい」「きゅうりなのにあまーい」「いっしょうけんめい、石拾ったもんなぁ~」
「草もとったしぃ」「がんばったもんなぁ」と収穫までの様々な思いがよみがえりました。
自分たちで育てたきゅうりは、特別なおいしさだったようですね。
 
お花のスープ
2017-05-30
初夏の日差しの中、少しずつ元気をなくしている保育園のパンジー。そろそろ夏の花に植え替えなくちゃと思っていたところ、たんぽぽさんの女の子が「お花のスープ~」と色鮮やかなパンジーの花びらがたくさん浮いているスープを見せてくれました。とってもきれいな色でこんなすてきなスープ見たことないよ~とちょっと感動・・花びらのエキスのジュースやさん、泥んこのコーヒー屋さん、桜の実のお豆やさん・・どんなものもこどもたちの手にかかれば楽しいおもちゃに変わっちゃいますね。
 
こどもたちの野菜
2017-05-30
ひまわりさんがツアー・オブ・ジャパン観戦に行っているころ、たんぽぽさん、ちゅーりっぷさん、すみれさんはそれぞれ野菜の種まき、苗植えをしました。
優しく土をかけて、水をまきます。しかしここからがこどもたちの本領発揮。一生懸命苗をなでなでして可愛がってくれる女の子。甘くなれ~甘くなれ~と呪文を唱えながらハンドパワーを送る男の子。苗より写真に写りたい男の子。みんなそれぞれの楽しみ方で野菜作りを楽しんでいました。
社会福祉法人 萱垣会
〒395-0805
長野県飯田市鼎一色551番地
TEL:0265-22-1368
FAX:0265-22-1006

---------------------------------
特別養護老人ホーム、
養護老人ホーム
養護盲老人ホーム
在宅介護支援センター
居宅介護支援事業
デイサービスセンター、
ホームヘルプ
グループホーム
保育園
---------------------------------
<<社会福祉法人 萱垣会 >> 〒395-0805 長野県飯田市鼎一色551番地 TEL:0265-22-1368 FAX:0265-22-1006